1995年に単独自転車世界一周の旅に出てからちょうど今年で20年。今度は坂本家4人で夏休みなどを利用して最長で8年かけて6大陸を巡る冒険に出ます。ご支援してくださっている皆さまに感謝しながら家族4人、チームの力を合わせて世界の家族や異なる大陸の文化に出会います。応援よろしくお願いします!


 
    ←TOP SITE

いつも坂本家を応援して下さるみなさま、ありがとうございます。8年計画で始まった坂本家6大陸大冒険。今夏の「第6ステージ」は、コロナ禍で海外遠征は無理。でも国内なら何とか叶うだろうと、7月から2ヶ月間の沖縄遠征の準備を進めていました。しかし、コロナの影響は大きく、「現地の家族と関わる」私たちの冒険スタイルができなくなり、残念ながら遠征中止を決定しました。

それでも夏休み、「やっぱり冒険したい!」ということで、「番外編」として富士五湖一周をサイクリング。身内の事情もあって距離も期間も短く、2泊3日。それも、母ちゃんは「普通のサイクリングなら大和(生後7か月)と留守番してる」と、初の男だけの珍道中となりました。

初日、次男がよそ見をしていて道路の変圧器ボックスに正面衝突して顔面を強打。あわや救急車か……というところでしたが、ヘルメットのおかげで大事に至らず。長男はキャンプ場でアブに刺されるハプニングもありましたが、無事完走。帰宅してからは、「誰かの家に泊まりたかったなー。誰かと遊びたかったなー」「日にちも距離も、もっと長い冒険がいいなー」と言っていたようです。毎年大変なこともたくさんある冒険ですが、来年の第7ステージに向けて気持ちを切り替えているところです。

また今年は子どもたちの学校がコロナ禍で臨時休校となったことと、冒険が中止になったことで、健康兄弟が「今まで5年間の自転車の冒険を本にしたい!」とステイホーム中、自費出版にチャレンジしました。過去の5ステージを振り返り、絵日記を選び、パソコン入力し、莫大な量の写真を選び、キャプションを考え、ワールドクイズを考え、冒険の持ち物などを紹介。友人知人から質問を集めて、それに答えるQ&Aコーナーも作りました。一方で冒険の概要や親の話も聞きたい、奥さんの葛藤、苦労、本音も聞きたい(笑)、という声もいただきましたので、私たち両親が毎年まとめていたレポートも載せました。

制作途中で何度もケンカしたり、泣いたり、もうイヤだと投げ出したり、しばらく放置したりしながら、コツコツ4ヶ月かけて完成させました。企画、制作、予算、PR、発送まで極力自分たちで主体的に進めるようにしたことで、親子共にたくさんの学びがあった夏でした(冒険と同じぐらい大変でした!)。おかげさまで「思ったより写真も文章も盛りだくさんで読みごたえがある!」「お母さんの本音に心から共感した」と感想もいただいています。
第6ステージは中止となってしまいましたが、「冒険に行けなくて残念だったね」ではなく、「今年はこれができたね」になりました。どんな状況でも、動くことはやっぱり大事!動かなければ何もわからない。何の結果も出ないと実感。これからも「できる、できないではなく、やってみる」を大切にしていきます!
コロナ禍にも関わらず今年もサポートしてくださったスポンサー各社に、心から感謝申し上げます。来年は一歳半になる大和(やまと)と家族5人の冒険を再開できることを願っています。子どもたちは「オレがトレーラーに大和を乗せて引っ張る!!」「いや、オレが!」とやる気満々です(笑)。これからも変わらぬご支援よろしくお願いいたします。

 

Thank you always for your support to us, the Sakamotos.  We originally had a plan to ride in six continents in eight years as our great adventure.  Due to the Covid-19 spread, unfortunately, we had to change our plan to have the sixth stage overseas this summer.  Instead, we intended to prepare for a trip to Okinawa, Japan for two months from July.  However, as the impact caused by Covid-19 was much bigger than we expected, we had no other choice but to call off this stage.  This is because we would not be able to achieve our chief goal of the adventure for us to go, meet, and connect with the local families during the trip.

Even so, as the summer vacation was getting closer to us, our children longed for the adventure so bad.  That was the reason we chose to go cycling in Five Fuji Lakes for two nights as an extra edition of our adventure.  Because of the family matter, the distance and the period were cut shorter than usual.  Yoshika said, “our baby boy, who was 7 months old, and I will stay home this time.”  So, we three set off for “male-only adventure!”

On the first day, Kojiro, our second son, was riding with looking around and seriously hit his face onto a transformer box on the street.  Luckily, he was firmly kept safe by his helmet, and did not need for an emergency call.  Meanwhile, Kentaro, our first son, was bitten by a horsefly at a campsite.  After all, we safely accomplished our adventure.  After we came back home, our sons said “I wanted to do homestay and make friends with someone on site,” or “I wanted to ride for longer days and for longer mileage.”  Honestly speaking, each year, we have had a lot of difficulties in executing our adventure.  But still, we put an emphasis on carrying out our adventure under any circumstances and keep positively preparing for the coming seventh stage in 2021.

This year, we spent a plenty of time at home during school shutdown period due to Covid-19.  Kentaro and Kojiro tried, on their own, publishing a book privately based on our past five-year bicycle adventures.  Thinking back on those adventures, they chose and picked up their picture diaries, typed some reports in a laptop, selected their favorite pictures, put some captions on them, made some world quizzes to the readers, introduced our belongings that we brought to the trip, and much more.  In addition, they accepted some questions from our friends and acquaintances in advance and answered them on the book in the “FAQ section.”  Besides, we added the outline of our adventure and the reports from the parents’ point of view.  These reports were what we, as parents, wrote down during the adventure in each year.  We also responded to some questions, such as how Yoshika was able to cope with her conflicts, how she overcame the troubles, what she really had in her mind about the adventures, and more.
Four months after they started making their book of our adventure, they finally completed it.  They made progress steadily all the way by their own.  They made planning, producing, budgeting, promoting, and even shipping.  Of course, the process did not always go smoothly.  While they were working, they argued, cried, almost threw it away, and even left for a while.  Through whole these experiences, they, as well as we, each and every member of the family, got invaluable lessons and spent another unforgettable summer.  Now we can say that although we could not go for another adventure, it was another hard but at the same time rewarding summer.  The readers have said “I enjoyed reading it with more pictures and comments than I expected.  It is well worth reading it!” or “I truly admired Yoshika and deeply sympathized with her real feelings and thoughts.”

Although we were unexpectedly obliged to cancel the sixth stage, we did not give up the adventure this year.  Rather, we achieved another adventure from a completely different perspective.  We have profoundly recognized that whatever happened, we should bravely take some actions.  If you dare to do something, you will accordingly get to something that you will never encounter unless you do.  We will always embrace this lesson in mind wherever we are: “just do it before worrying about what you can or cannot do.”

Lastly, let us take this opportunity to sincerely appreciate all the sponsor companies for what you have kindly done for us during such a challenging time due to Covid-19.  We anticipate that we will be able to restart the adventure of our team with the five family members.  Next year, our new family member, Yamato, who is turning one year old, surely joins the team.  His brothers are enthusiastic and eager to welcome him into the adventure.  They say “I will have Yamato on my trailer,” or “It’s not you. I WILL!” 
Thank you again for your continuous support, and we hope you warmly keep watching over our adventures.

 

 

1995年に単独自転車世界一周の旅に出てからちょうど20年の2015年、今度は家族4人で夏休みなどを利用して8年かけて6大陸を自転車で巡る「坂本家6大陸大冒険」がスタートしました。

私は過去に4年3ヶ月の自転車世界一周で43カ国の人たちと出会い、対話し、ふれあってきました。今回の大冒険は、世界の家族と家族単位で出会い、ふれあい、つながることでどんな経験ができるかを試したい。子どものコミュニケーション力、順応性、好奇心、変わっていく子どもの姿、そこにある親や社会、世界の子育てや教育などを見聞し、帰国後は子どもを持つ家族だけでなく、多くの人と共有したいと思っています。

第1ステージはニュージーランド、第2ステージはスペイン・ポルトガル・スイス、そして第3ステージはカナダとアラスカをそれぞれ3ヶ月間、多くの出会いに助けられ各ステージ約800~900キロを無事に走り切ることができました。第4ステージは康次郎初の単独走に加え、開発途上国のネパールや山岳ルートのブータン、灼熱のマレーシアやブルネイだったので、400キロ弱の走行。第5ステージはトルコ・ジョージアを計画していましたが、出発直前に第三子がお腹の中にいることがわかり(!)、急遽予定を変更して北海道へ。2ヶ月で約500キロ走行。第6ステージはコロナ禍で国内外への遠征を断念、残念ながら中止となりました。が、少しでも走りたい!ということで番外編として富士五湖一周。

8年計画でスタートしましたが、(幸いなことに)子どもたちがもう少し続けたいと言っています。ご支援して下さっている皆さまに感謝しながら来年からは家族5人、力を合わせて世界中の家族や異なる大陸の文化にふれあう大冒険を続けていきます。応援よろしくお願いします!

The year of 2015 marks 20th anniversary since I started my adventure of solo bicycle trip all over the world in 1995.  In that year, four of us, namely I, Yoshika, Kentaro, and Kojiro (the Sakamotos) started “the Great Six-continent Adventure by the Sakamotos.”  We planned to travel by bicycle throughout the six continents in eight years during my children’s summer vacations.

During my former journey, in which I rode all over the world in four and a quarter years, I encountered, communicated with, and interacted with people in 43 countries.  In contrast, during the present adventure, my hope for us four has been to encounter and connect with people in families around the world.  Another hope has been to widen many experiences with a lot of excitement.  Still another hope has been, through these whole adventures, to closely observe how the children cultivate their communication skills, adapt themselves into the environments, get interested in things, and grow up.  Moreover, I hope to pay intense attention to how parents educate their children and how the local communities get connected to them in the “real” world.  After we get back to Japan, we are willing to share these experiences and knowledge with a lot of people with or without children.

We have already finished the first stage in New Zealand, the second stage in Spain, Portugal, and Switzerland, and the third stage in Canada and Alaska in three months for each.  In each stage, we safely completed the rides for 800 or 900 kilometers blessed with a lot of warm supports from people.  In the fourth stage, which was the first one for our second son, Kojiro, to ride on his own.  We rode in four countries: Nepal, one of the developing countries; Bhutan with a lot of mountainous routes; Malaysia and Brunei Darussalam, which have scorching climates.  Under these harsh and challenging circumstances, the total mileage remained less than 400 kilometers.  After that, we had originally planned to go to Turkey and Georgia as the fifth stage, but we changed our plan to go to Hokkaido, Japan.  That was because just before we left for the adventure, we found that we were expecting our third son.  In Hokkaido, we rode for about 500 kilometers in two months.  This year, in the sixth stage, Covid-19 forced us to regrettably give up going abroad and call off our adventure.  However, as we were dying for bike rides, we tried riding around Fuji Five Lakes as an extra edition of the sixth stage.

Though our initial plan was to complete our whole adventure in eight years, fortunately our children are willing to continue the adventure for more years.  Being grateful for your tremendous support over the years, we, as one team, will keep going on our adventures that make connections with many families all over the world and experience various cultures in each continent.  We have always been very much appreciated for your warm and everlasting kindness.

 

 

6大陸大冒険 2019 in Japan〜坂本一家の大冒険 第5ステージ

   
 
 



 

     


 
     

   
 
   
 
 
 
   

 

パタゴニア
ミキハウス ミキハウス  


←TOP SITE

 
←TOP
 

◼2020.8.27(Facebookより)

富士五湖一周の巻 その1
今夏の坂本家6大陸大冒険は、コロナ禍により中止。
国内なら遠征が叶うだろうと2か月間の沖縄遠征を計画していました。が、コロナの影響で「現地の人や家族と関わる」私たちの冒険スタイルができなくなった。そこで四国一周に計画変更したが、県外者にとってハードルが高く感じ、第6ステージ遠征を諦め県内の名所へ行くことに。身内の事情もあって距離も期間も極端に短く、2泊3日で富士五湖一周サイクリングをしてきました!
普通のサイクリングであれば、と母ちゃんと大和は家で留守番(一人で大変だった様子……)。健康兄弟は大好きな母ちゃんと大和としばしのお別れ。男だけの2泊3日、楽しみだ。
富士五湖を一周すると約110キロ。事前の話し合いで「何日で走ろうか?」と聞いた時に「1日で!」となる。う~ん、トレーニングもあまりしていないし、小4と小2じゃ無理だろうな~と思いつつも、子どもの意見を尊重したいので、地図を見ながら富士五湖一周がイメージできるような話をしてこの日の打ち合わせは終わり。
数日後、健太郎が「やっぱり1日じゃ無理だから3日で行こう」と言ってきた。さすが経験者、康次郎のことも考えていいセンスをしている。康次郎は今年から24インチのMTB(キャノンデールのキッズバイク)になったとはいえ、体力も技術も集中力もこれからという段階。1日30キロの走行なら問題ないだろう。

富士五湖満喫コース
出発前日、キャンプ道具、衣類、食料、救急セットなどを一気にパニアバッグに詰め込む。子どもたちは、持っていくオモチャに悩んでいる。結局、ウノ、トランプ、なぞなぞの本、立体迷路など。例年は「そんなもん、持ってけないよ!」というものを自由に詰め込んでいる。自転車3台の整備をして山中湖から出発!母ちゃんと大和が見送ってくれる。(続く)

※お時間のあるときに、よかったら動画を見てください!(5分)
2016年健太郎ソロデビュー in Spain

 

     
母ちゃんは山中湖でお見送り
2泊3日、しばしのお別れ~
  キャノンデールキッズ 24インチ   健太郎はキャンプ道具山盛り   康次郎、アクションカムの角度調整
             
     
ソニーのアクションカム
オルトリーブの専用アダプターに取付中
  「や~ま~と!行ってくるからな!」BY康次郎   「やーまと、すぐ会えるからな!」BY健太郎   舗道のあるところは舗道を走行
             
         
康次郎のフロントバッグ
なぞなぞの本、トランプ、ホイッスル、ドライイチジク、バナナ、マスク……
  富士五湖満喫コース 約110キロ
アップダウンが少ないのでファミリーにおススメです
この他、富士山一周コースもあります
       
             
             
 

◼2020.8.29(Facebookより)

富士五湖一周の巻 その2
河口湖近くを走行中、後ろでガシャン!と音がしたので振り向くと、自転車が倒れて康次郎が大泣きしている。よそ見をして歩道の端にある変圧器ボックスに激突。顔面を強打したらしい。
康次郎を抱えて近くの果物屋の軒先を借りると、救急車を呼べと言われる。おでこと鼻を抑えているが出血はなく、意識ははっきりしている。見るとおでこにタンコブ。店のおばちゃんが水で冷やしたタオルを持ってきてくれた。顔を冷やしながらヘルメットの前方が凹んでいるのを発見。ヘルメットがショックが吸収してくれていた。被っていなかったらと思うとゾッとする。
あと10キロで目的地だが、暑さもあるし無理は禁物。走行を切り上げたかったが、しばらく休むと康次郎は「いける!」。すごいな~大丈夫か?元気オーラを感じたので走ることに。途中「あと何キロ~?」「まだつかないの~?」攻撃を受けつつ、上り坂は自転車を押して歩き、やっとの思いで西湖に到着。康次郎ばかり気にかけていたが、健太郎も重たい荷物を積んで疲弊していた。
予定のキャンプ場、せっかく到着したのに子どもたちは「ここ、いやだ~」。しかしこの直感と判断は大事。健康兄弟、「さっきのキャンプ場にしよう」。疲れてはいたが3キロ戻って湖畔のキャンプ場へ。周りはバイクや車でキャンプをする人がチラホラ。景色も雰囲気もずっといい。料金も半額以下。ナイスジャッジだ。
「西湖、サイコー!」とか言いながら湖近くにテント設営を始めると、健太郎が「イターーッ!!!」と叫んでしゃがみこんだ。左肩を抑えながら痛い、痛いと顔をゆがませている。ハチかと思ったが、アブに刺されたようだ。すぐにポイズンリムーバーで毒を吸い出す。昨日、ポイズンリムーバーの使い方をマスターして(正確には皮膚に跡をつけて遊んでいた)使い方を知っていたのが幸いした。アブに刺されるとペンチでつまんだように痛く、数日間にわたって激しいかゆみに襲われてパンパンに腫れるのだが、翌日には痛みがひいた。
テント設営。MSRのパパハバを、何も言わなくても2人でどんどん組み立ててくれる。口出ししないのがいいみたい。少し手伝ったらあっという間に完成!子どもたちはサンダルに履き替えて湖へ飛んで行った。何が起きても、何があっても「今ここ」を生きる子どもたち。
夕食は大盛ごはん6パックにレトルトカレー5袋。暗くなるまでテントの中でクイズを出し合う。寝る前、母ちゃんから預かっていた子ども宛の手紙を渡すと、しばらく無言で繰り返し読んでいた。そういえば、初めての男だけのキャンプだなー。(続く)
※お時間のあるときに、よかったら動画を見てください!(6分半)
自転車で冒険すること 2015年NZ 第1ステージ

     
凍ったスポーツドリンクでご機嫌!
坂本家は普段、ジュースやスポーツドリンクはなかなか飲ませてもらえない

  翌朝、リラックスタイム

  この変圧器に激突
なぜここで?!

  母ちゃんからの手紙を読む

             
     
康次郎が激突した変圧器
タイヤとおでこの位置に跡が・・・
  転倒の際、アクションカムを取り付けるオルトリーブのアダプターが折れてしまった

  健太郎 荷物山盛りで上るの巻
  クロアゲハ??
             
     
西湖に至る前の登り坂 ひたすら押す
康次郎、だいじょうぶか~~
  上り切って西湖に到着~   アブに刺された健太郎
ポイズンリムーバーで毒を吸い出す!
  健太郎の左肩。ポイズンリムーバーで3回繰り返すと、真ん中から汁が出てきた
康次郎、「オエ~ッ」
             
     
テント設営!       朝5時起き!
標高900メートルあるので、朝晩は涼しくて快適
  翌朝も繰り返し、母ちゃんの手紙を読む
             
     
朝からなぞなぞタイム   テントは超軽量のMSRのパパハバNX
大人4人が寝られてフライ、本体、ポール込みでなんと2670g!一度使うとこれ以外考えられない
  健太郎食事係り
テーブル、イス、ランタンなどファンシーなものがない坂本家のキャンプは母ちゃんに不評・・・
  撤収!!
           

 

           
コロナ禍でも坂本家をサポートしてくださる
スポンサーに心から感謝しています
     

 

   
             
 

◼2020.8.31(Facebookより)

富士五湖一周の巻 その3
西湖から精進湖を経由して本栖湖まで。
途中、奇跡の魚と言われる「クニマス」館に立ち寄る。子どもたち、お土産コーナーで溶岩石が売られているのを発見。クニマスより、隣のコウモリ穴より、溶岩石が気になる模様。
先頭を走る健太郎がゆっくりとスピードを落として止まった。「どうした?」と聞いても、ずーっと地面を見つめたまま。自転車を降り、黒っぽい石を拾ったかと思うと、
「お父さん、これ何の石?」
「溶岩石だよ」
「ふ~ん」
沈黙が流れたと思ったら、次々と溶岩石を拾い始めた。康次郎もそれを見て拾っている。
「これオレの。これお母さんの。これヒカルの。このデカいの、おばあちゃんの。だって大きいアンモナイトくれたやろ?」
2人はそれ以外にもたくさん集めている。
「これいくらで売れるかな?」
クニマス館のお土産屋と同じように売れると思ったらしい。石にたくさん穴が空いているのもすごいと思ったみたい。
海外遠征でも、子どもは石を拾うのが大好き!
康次郎は持ちきれないと、僕のバッグにズッシリ入れてきた(例年通り)。
今日の走行は25キロ。精進湖の「スーパーヤマザキ」でご飯の買出し。昼過ぎ、楽勝で本栖湖のキャンプ場に到着!まずはテントを張りたい……ところだが、子どもたちが動き出すまで待つ。子どもたちが聞いてきた。
「先にテント張るの?先に湖に遊びに行ってもいい?」
「どうする?」
健太郎「先にテント!」
康次郎「あと!」
健太郎「どうせやるんやから、先にやろ!」
康次郎「わかった~」
小さいことだけど、自主性にまかせることって大切だな、と思う。
テントを張り終え、大喜びで本栖湖に入って水遊び。浮き輪もシュノーケルも水中メガネもないのに、延々と遊び続ける健康兄弟。ついに体が冷えた~と上陸。康次郎は通行止めになった道路に寝そべり「あったか~♪」(土砂崩れで車は通らない)。
キャンプ場のシャワーは2分で100円。海外遠征で節約生活をしている癖がついているので、子どもたちは「2分で3人シャワーできるかな?」「できるよ!やってみよ!」一人用の狭いシャワールームに3人で入り、あーでもない、こーでもないと笑いながら一気に洗う。「2分ってけっこう長かったな~」と、なかなか頼もしい。
夜ご飯はインスタントラーメン。本当はもっとちゃんとしたいけど、出発前日に準備をしたので何もできず許しておくれ……。子どもたちはキャンプファイアーの準備をしていて、ご飯の後は延々と焚火。せっかくシャワーを浴びたのに煙臭くなって寝る男たちであった。(あと1回続く)
※お時間のあるときに、よかったら動画を見てください!(50秒)
NZ ナショナルパークのユースホステル。夕食を作っているときに仲良くなったドイツ人カップルに猛アタックの健康兄弟。2015年

     

今年デビューしたサイクロコンピューターで最高速度を見せ合う健康兄弟
バッグ類はすべてオルトリーブ
軽くて防水で使いやすい。そして丈夫。さらにカッコイイ!世界を走るサイクリストの定番アイテム。

  冷えた体を道路の熱で温める康次郎
(※この個所は土砂崩れで通行止めになっているので、車は通りません

  浮き輪やゴーグルがなくても、あるもの(木の枝など)で延々と遊ぶ
  今日も朝から暑い~~

             
     
スポーツドリンクを作る健康兄弟
分ける量に不公平があってはならない!真剣そのもの
  子どもたち、どんどん組み立ててくれる

  設営しながらポールで遊ぶ   本栖湖で水遊び!
             
     
「ファイト―!」
ランニングしているお兄ちゃんたちに声をかけると、
「オーー!!」
と返してくれる
  今日は朝4時半起き~
一日が長い・・・
  母ちゃんのいない朝ごはんはちょっぴり寂しい・・・   朝起きて、松ぼっくりの投げ合いに1時間を費やす健康兄弟
             
     
「テント片付けなきゃ!」
やっと撤収が始まった
  お土産屋で売ってた溶岩石を見つけ、拾い集める健康兄弟   重たい荷物にさらに重くする健太郎選手
  持って帰ってきた溶岩石
※現在、外に放置されています
             
         
クニマス展示館
西湖
  トンネルは必ず舗道を走ります        
           

 

             
 

◼2020.9.3(Facebookより)

富士五湖一周の巻 その4(最終回)
「お母さんいないと、どう?」
「う~ん、ちょっとつまんない」
たまにはこういう時間も必要。
最終日、一気に精進湖、西湖、河口湖と約30キロ。
ゴールで母ちゃんと大和に会えるからか、朝からハイスピード。途中でロードレーサー4人組が追い付いてきたので、健太郎も康次郎もスイッチが入り、ペダルをクルクル回しながら付いていく。
健太郎は24インチのMTB+荷物山積み+溶岩石で重たそう。康次郎はどこにこんな体力あるの??というぐらい猛スピードでついていく。
信号で止まったお兄ちゃんたちに、
「どこまで行くんですか?」と聞くと、
「富士山一周!」
「ふ、ふじさん、いっしゅうできるの~??」
2人もロードレーサーに乗るようになったらいいんだけど!長距離を楽に走ることができる。
河口湖でいよいよ母ちゃんと合流!
わずか2泊3日だったけど、健康兄弟は大和を奪い合うように抱っこ(笑)。母ちゃんは健康兄弟がいないから、ワンオペで大変だったみたい。にもかかわらず、お弁当を作ってきてくれた。母ちゃんお手製チャーハン、健太郎は途中からネパールの時みたいに手で食べている(笑)!嬉しかったんだな。
今夏の坂本家の大冒険は、コロナ禍により中止。色々な制限があったり、これまで通りのことがにできなくなったりしたが、できる範囲で、できることをした。「本づくり」は、子ども主体で進めるようにしたので、ある意味冒険ぐらい大変だった。富士五湖一周サイクリングは、残念ながら距離も期間も短かったが、得るものはたくさんあった。
どんな状況でも、動くことはやっぱり大事!
動かなければ何もわからない。何の結果も出ない。
帰宅して、子どもたちは、
「誰かの家に泊まりたいなー。誰かと遊びたいなー」
「日にちも距離も、もっと長い冒険がいいなー」
と言っていた。毎年大変なこともたくさんある冒険なのに、そう言ってくれてうれしい。
今年もコロナ禍にも関わらずサポートしてくださったスポンサー各社に、心から感謝申し上げます。

※お時間のあるときに、よかったら動画を見てください!(20秒)

Bike training with Ken and Ko Japan 2017
"I 'm sooooooo sleepy!"

     

帰りに寄った、富士山世界遺産センター
Mt. Fuji World Heritage Centre

  富士五湖一周、無事河口湖にゴール!
母ちゃんと大和と再会の巻

  健太郎・康次郎が不在の間、母ちゃんしかいないので、急速にハイハイができるようになった大和(笑)。
  「やまと!げんきだったかー??」
「さびちくなかった~~?」
再会を喜ぶ3兄弟

             
     
健太郎(小4)貫禄の走り
康次郎(小2)も今年から24インチに乗れるようになった
  河口湖走行中

  か~すかに……富士山(笑)!   母ちゃんの車を追いかけて、がぜん元気に!
             
     
母ちゃん、大和と合流!
「やまと、かわいいな~~」
「げんきだったか~~~?」
暑くてくたばりそうだったけど、元気復活。
  帰宅後の玄関   富士山世界遺産センター  

今年もコロナ禍にも関わらずサポートしてくださったスポンサー各社

(パタゴニア、オージーケーカブト、ピーアールインターナショナル、パナレーサー、キャットアイ、株式会社モチヅキ(MSRテント)、キャノンデールジャパン)他社、各社に心から感謝申し上げます。

             
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
supported by
パタゴニア
ミキハウス ミキハウス    
 
 
 

←TOP SITE

TATSU SAKAMOTO'S WEB SITEは坂本達事務所が運営しています。
掲載内容の無断転用、転載などは 著作権法に依って固く禁じられています。
All rights reserved by Tatsu Sakamoto